春は別れの季節なの~

  • 2006/02/28(火) 15:49:15

以前勤めていた会社に来ていた中国人の子達3人が3年間の研修を終わらせて帰国しました。
出会った時は言葉の違いで伝わらない事もありましたが、勤勉な彼女達は一生懸命に日本語を勉強して喋ってくれました。
(日本人はみんな大阪弁なのでへんてこな日本語を覚えていたのが少々心配)
慣れない仕事と環境、家族や恋人と離れての3年間は辛かったと思います。
せめて気晴らしになればと遊びに行ったりしてました。
阪町屋を開店するにあたりその会社を退社した時に「寂しい~」と泣いてくれたのが嬉しかったです。
でも阪町屋は会社の近くにありよく遊びに来てくれたのでなんら変わらなかったんですがね。
帰国の日が迫ってきて「まだやってあげられる事はないか!」と焦りました。
こんな所でもやはり私は追い詰められないと動かない。悪いクセですね。
本人達も仕事の引き継ぎやらでなかなか時間がとれなくて。
そんななか最後の休日を使って店に来てくれた時は泣きそうでした。
「泣いたらあか~ん」とふんばりました(^^;

今日の12:00の出航。
見送りに行こうと電車に乗ろうとしたら当時の上司から携帯に電話が。
「もう船に乗ってしまうから電話で喋りたいって~」と。
聞いていた時刻より船への乗り入れ時刻が早かったのです。
テレビで見た事のある『紙テープを投げて・・・』というアレがやりたかったのですが
「もう会えないから来なくていいよ~」と言われちゃいました(^^)
最後の最後で感動の「か」の字もなかったです。
でも「泣いてお別れ」はしたくなかったのでこれでよかったのかも。です。

なぜこんなにも彼女達に思い入れが強かったのかはわかりません
元来わたしが持っている「世話好き」に火がついた!ってだけではないような気がします。
なんなんでしょうね。
「新幹線に乗って東京ディズニーランドに行きたいんです!」
という希望を叶えてあげられなかったのが悔やみます。
何年後か、会える事があったら一緒に行きたいです。
帰国してパソコンを買ったらメールをくれるそうです。
楽しみです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する